スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさたんさt

またしても探査の壁にぶつかりました
もう探査ヤダ

でも汎用力をあげるには避けては通れないんだよなぁ・・・


ここまでいろいろやってみてダメということは
多分私は根本的なところで勘違いをしているということなんでしょう

これから私は他神キャラ解読の旅に出ます。探さないでください
旅から帰ってきたら更新しますから^p^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

探査は壁にぶつかる一つの要因
分からない事は聞くのが一番ですぞ!
相手のヘルパー奪って そのヘルパーに探査させるのか
ステート奪われて 相手のステートに潜り込むのか
どっちでしょうかね?

Re

コメント有難うございます!
ヘルパー奪うタイプですね
特定の間者に探査させています
「分からないところがある」というより「分かってるつもりなのに出来ない」状態ですが
怪しい部分を挙げるとすればtargetstateの挙動、ヘルパーの処理順に関する知識です
それと、探査のできない部分というのはDestroyselfがあるステートの取得です
氏の探査テストキャラのDestroyselfがあるステートを取得できませんでした

No title

という事は利用型ですな。
Destroyselfステート直下のLifesetやHitdefステートでしょうか。
探査ヘルパーを見るヘルパーのmovetypeにもよりますが、
このヘルパーのmovetypeをAにする事で幾分か取得しやすくなったり。

Re

助言有難うございます
あれからトリガーを色々と見直し、取得に成功しました
私は探査ヘルパーと探査ヘルパーを見るヘルパーの両方がmovetype=Iですが取得できているようです
movetype=Aにすると優先的に行動できるのは知っていますが
それが取得にどう影響するのでしょうか?

No title

movetype=Aにする事によって優先的に行動する事により、消えた探査ヘルパーの位置に別のヘルパーが来る前に参照できるという点。 「現実」みたいにヘルパーが消えるタイプに有効です

返信有難うございます
別のヘルパーは考えてなかった・・・なるほど
検索フォーム
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。