スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IN REDIRECTED TRIGGER

初めて見るエラメですね
トリガーのリダイレクトに問題がある・・・のかな?

永続ターゲット用の当身

[State ]
Type=ReversalDef
Trigger1=NumTarget=1
Reversal.Attr=S
IgnoreHitPause=1
とりあえずReversal.Attr=XXXが書いてあればいいみたい
Reversal.Attrで全属性指定する必要もなく、
Reversal.Attr=Sでも永続ターゲットができる
また、自身のStateTypeに合わせる必要もない

ただReversal.Attr=
だと永続ターゲット出来なかった

邪眼修正

Parent領域に敵がいるときだけタゲステするようなトリガーなのに
邪眼をTarget,StateNoでやってるから邪眼が機能してなかった・・・

邪眼をParent,StateNoでやるように修正

最近は
前まで倒せてたキャラをもう一度倒せるように修正していました
混線やらなんやら組み替えた影響でトリガーに不具合が出まくってた

ステ抜け貫通

現在こんなん

一次→二次→三次って進んだほうが精度上がるんじゃないかと思ったんでやってみた

でかい値は見逃すようにしてるけど
var(x)=gametime-2147483648
みたいなやつに対処できないんだよね
小さい時だけ見逃すようにしようかなー

続きを読む

Z

const(size.z.width)
const(size.attack.z.width.front)
const(size.attack.z.width.back)
pos z
vel z
以上のトリガーはちゃんと動作するみたいですね…

私の環境だとpos zが変化してくれないけどステージの設定を変える必要があるのかな?

constで参照できるということはcnsで指定もできるということです
[size]
z.width=X
attack.z.width=A,B
という具合に

デフォルトだと
z.width=3
attack.z.width=4,4
ですね

Aの値がconst(size.attack.z.width.front)
Bの値がconst(size.attack.z.width.back)に対応してます

あとヘルパーはSize系の値を指定できますが
z.widthとattack.z.widthは指定できないように思えました

追記
[state ]
type=displaytoclipboard
trigger1=!ishelper
text="%f,%f,%f,%f,%f"
params=p2dist z,p2bodydist z,screenpos z,helper(1),rootdist z,helper(1),parentdist z
こんな感じのデバッグ実行しても落ちなかったですね
ちゃんと機能してるかまでは試してないですが

続きを読む

検索フォーム
リンク
訪問者数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。